カートをみる ご利用案内 サイトマップ
RSS

こだわりの製法は世界各国で特許を取得

丹羽SOD様食品niwana(ニワナ)はなぜ多くの方々から長く愛用されるのか?
その答えは原料の加工方法にあります。丹羽博士が長年の研究の結果生み出した加工方法は世界各国で特許を取得しています。

遠赤外線焙煎+油剤化+発酵

  

【 ニワナができるまで 】

ニワナが出来るまでの工程

細胞が好んで取り入れる原料と加工方法を施すことで、体内にスムーズに吸収されるよう作られています。

何で同じ植物を普通に食べてもダメなの?

丹羽SOD様食品ニワナの主な原料は、胚芽・大豆・米糠・ハトムギ・ゴマ・小麦・柚子・抹茶・麹、など一般家庭で食事として食べることも多い植物です。
この植物たちの持つSOD成分をそのまま体内に取り入れることが出来れば理想的ですが、SODやカタラーゼなどの成分は高分子であるということや、食事として食べるためには加熱調理されることや、胃液で死んでしまうため活性酸素を取り除く効果は失われてしまいます。一方、低分子抗酸化剤として存在するβカロチン・ビタミンC・E・フラボノイドやポリフェノールなどは、たんぱく質などと手を繋いでいる(重合している)ため自由に活躍できない状態(非活性型)であり、現代人の胃液力ではこの重合は切ることが難しく、こちらも充分に活用できません。このような理由からそのまま食べてもなかなか役割をはたしてくれないのです。

手軽に食べてSODパワーを体内に

低分子抗酸化剤は、強烈な胃液の力か、理想的な加熱方法を用いることで、低分子抗酸化物質の重合を切り離すことができる。」この発見から、様々な加熱方法が試され、遠赤外線適温焙煎製法こそが低分子抗酸化剤の重合を生きたまま切断するための理想的な加熱方法であるとして採用されました。また、更に細胞壁をスムーズに通過させるために油剤化加工をまた更に低分子化をすすめる目的で麹による発酵作用を加え、丹羽SOD様食品ニワナは完成致しました。この加工方法は世界各国で特許を取得しています

本当に安心してご利用頂くために

ニワカンパニーの丹羽SOD様食品ニワナは、指定工場で厳重管理の下製造されております。
信頼の証として、丹羽先生の家紋をデザインした封印シールに管理ロット番号を刻印し封印しております。お求めの際は是非ご確認下さい。

封印シールと管理ロット

 

 

 

こだわりの製法は世界各国で特許を取得

 

特許取得国

出願番号

日本

1366268

韓国

38660

台湾

30766

アメリカ

5009891

イギリス

2195889

スペイン

8702735

イタリア

1211804

スイス

674617-2

ベルギー

1000842A3

オーストラリア

596701

中国

87106491

ドイツ

P3732254.0

オーストリア

A2426/87

オランダ

87.02296

デンマーク

4845/87

アイスランド

3262

ノルウェー

874004

スウェーデン

8703696

 

 

* 高分子

分子量3万以上のもの。SOD酵素がその代表です。直接食べても腸管からの吸収がほとんどできません。

* 低分子

分子量が200〜400ぐらいのもの。ビタミンCやビタミンE、カテキン、カロチン、フラボノイド、ポリフェノールなど話題の成分。重合を切断し、活性型(自由に動ける)処理をしてあげると体内で活躍できます。

* 遠赤外線適温焙煎製法

遠赤外線の波長は4〜14ミクロンで育成光線と呼ばれていて、人体や水にとても良い影響を与えます。例えば、トルマリンやセラミック、プラチナなどが様々な健康グッズの素材として利用されるのも、4〜14ミクロンの育成光線が放射される物質だからです。この4〜14ミクロンの遠赤外線で植物・種子を加熱すると、ビタミンやβ-カロチンなどの低分子抗酸化剤の重合を焦がしたり、成分を壊したりすること無く切断できることから、ニワカンパニーの全ての健康食品に遠赤外線焙煎を施しています。

* 焙煎ゴマ脂で油剤化

活性酸素や過酸化資質の悪影響を受けているところは、それぞれ細胞の膜の部分で、この細胞膜は油分が多い場所です。この油の多い膜に到達するためには、酸化を防ぐために遠赤外線で焙煎処理をした油をコーティングする必要があるのです。

* 麹発酵

麹は、生き物で、発酵すると蛋白分解酵素と澱粉分解酵素を分泌してくれます。この酵素が更に低分子抗酸化剤の重合を促進してくれます。

 

 

ページトップへ